スタッフ日記

▼ 2017年 ▼ 2016年 ▼ 2015年 ▼ 2014年 ▼ 2013年 ▼ 2012年 ▼ 2011年 ▼ 2010年

住宅のVR( バーチャルリアリティ )空間の体験をしてきました♪

 近年、様々な分野で注目を集めるVR(バーチャルリアリティー)ですが、住宅業界にも参入しています。そこで先日、CADデータでつくった住宅プランを、バーチャル・モデルハウスとして体感できる『 ARCHITREND VR 』の体験をしてきました。実際に住宅が完成する前に、等身大でバーチャル空間を体感でき、キッチンの高さや空間の奥行、内装など、新たなプレゼン方法としてこれから期待ができる技術かもしれませんね。

▼ 体験の様子

VR体験 全体の様子

▲ 5m×5mの空間を設け、その中でバーチャル体験を行う。

浴槽からの目線
▲浴槽からの目線を確かめている様子。
建物を見上げる

▲ 棚やドアに触れると専用のコントローラーが振動する。

コントローラーで操作中

 ▲ コントローラーを使い、空間の移動や照明のオンオフを行う。

 外観のパノラマ写真を取り込めば、住宅から望む景色をイメージできます。



【現在進行中の現場】 上棟式を行いました

 現在進行中の現場で、上棟式を行いました。上棟式とは、家の神様に躯体工事が終了したことに感謝し、無事に住宅が完成することを祈願する儀式です。建物の土台が出来上がり、柱・梁などの骨組みが完成した後に行います。建前とも言います。

 上棟式の手順は、大黒柱に魔よけの為の幣串(ヘイグシ)を括り付け、祭壇をつくります。祭壇には酒・米・塩が置かれ、二礼二拍手をして、それらを家の四隅に時計回りに撒きます。

▲祭壇

▲米

▲酒

▲塩

▲祭壇を囲んで乾杯

▲建前の様子

▲棟上げまでを1日で行います。

▲土台の様子。

白洲漆喰で手形をとってみました♪

 白洲漆喰は、マグマから生まれの特殊な土 “ シラス ” と、日本古来の伝統技術である漆喰を融合させた100%自然素材の塗り壁です。消臭・調質・空気清浄機能を実現したのが『 白洲漆喰 』です。


 今回はこの白洲漆喰を使用して、手形を取ってみました♪

 白洲漆喰は前の日に水で溶いておきます。端材で額縁を作り、その中に1日前に水でといておいた白洲漆喰を塗っていきます。手形がくっきり出るよう、厚めに塗った方が良いです。表面を均等に均してから、手形をつけます。あとは周りを装飾して1日乾かして完成です。

 山本建設 中井営業所では、この白洲漆喰を200gから扱っております。ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください♪

『 住宅ストック循環支援事業補助金 』の決定通知が交付されました♪

 国では現在、既存住宅を循環させる仕組みづくりを目指して住宅ストック循環支援事業 』が進められています。

それに伴い、対象工事を行うと国から補助金がでるんです!


補助対象には、エコリフォーム・既存住宅の購入・(除却+エコ住宅への)建替えの3パターンがあり、

今回交付された住宅は、『 エコ住宅への建替え 』を行いました。


この住宅では、BELS★5つを獲得し耐震等級3も獲得し、補助金最大の50万円が交付される予定です。


※『エコ住宅への建替え』で対象となるのは、耐震性が不足している住宅を除却し、代わりにエコ住宅を新築する場合のみ。

住宅ストック循環支援事業HPへ


山本建設では、様々な補助金を扱っています!

賢く補助金を利用して、お得に暮らしましょう♪

山本建設で扱っている補助金へ

小上がりの和室で大容量収納♪

現在進行中の現場の様子をご報告します。

 この住宅では、和室を小上がりにしました !! “ 小上がり ” によって、空間の中に高低差が生まれ、奥行きを感じることができます。また、段差を利用して収納を作ったり、段差をイス代わりにして腰かけたり、など空間を有効に使うことができます。和室の収納は手作りで、たっぷり収納できます♪

小上がりの和室

▲ 小上がりの和室

段差を利用して収納アップ
▲ 段差を利用した収納
畳の下もたっぷり収納

 ▲ 畳の下にもたっぷり収納

段差を利用して座れる

▲ 段差を利用してイス代わりに

神奈川トヨタ のニュースレターに社長が掲載されました!

夢ハウス用の現場シート
神奈川トヨタが発行する情報誌 『NEWSLETTER KT PRESS 2017 Vol.62』

に社長のインタビュー記事が掲載されました。

フリーペーパーですので、見かけた際はお手に取ってご覧ください。

進行中の現場 地盤改良 砕石工法

 現在進行中の新築現場で地盤改良を行いました!

 この住宅の地盤改良では 砕石パイル工法 を採用しています。この工法は地盤に孔(あな)を掘り、砕石を詰め込んで石の杭をつくることで地盤を強くします。石柱で地盤を複合的に支えるので、安定した強さを発揮します。

オーガーで孔を掘る

▲オーガー(ドリル)で孔を掘る。

掘った土
▲ 一度に1m程の土を掘り起こせます。
土を取り払う

 ▲ 振動を与えて土を取り払います。

孔を掘る

▲ 地盤によりますが、同じ作業を4,5回繰り返します。

砕石投入
▲ オーガーを振動させて徐々に抜きながら、砕石を少しずつ投入して締め固めます。
砕石を徐々に投入
▲ 順々に締め固めることで空洞を作らず強い地盤となります。
石柱完成

 ▲ これで一つ石柱が完成しました!

一定間隔に石柱

▲ 1m間隔で施します。

 砕石パイル工法は、鋼管杭やセメントを使用する改良工法と比べ、天然素材の石を使用するので、人・環境にやさしく、強力な地盤となります。さらに、地震時の液状化に強く、劣化がない等の特徴を持ちます。

端材でDIY ~ イス ~

夢ハウス用の現場シート
今回は端材でイス作りに挑戦しました!


使用した材料は

  • べニア板:300㎜×300㎜×12㎜( 1枚 )
  • ウレタンスポンジ:300㎜×300㎜( 1個 )
  • 布:500㎜×500㎜程度( 1枚 )
  • 脚材:45㎜×35㎜×400㎜( 4本 )
  • 横材:30㎜×40㎜×210( 4本 )、30㎜×40㎜×230㎜( 4本 )
  • クッション or 手芸わた

▲ イスの脚部分の作成

▲ ビスで固定していきます。

▲ こんな感じになります!次は塗装!

▲ ペンキは手や服に付くと取れにくいので、汚れてもいい服や手袋をつけて行ってください。

▲ 塗装完了♪ 乾かしている間、クッション部分の製作をしていきます。

▲ 角が当たってもいたくないように、ヤスリで削っておきます

▲ 下からべニア・スポンジ・クッション・布の順になるように重ね、ひっくり返してホチキスで留めます。

▲ 布の切れ端を内側に折り返してホチキスで留めると、ほつれにくいです。

▲ ひっくり返すとこんな風になります。

夢ハウス用の現場シート


クッションと脚の部分を固定して

完成です!!

 NEW 現場シート

夢ハウス用の現場シート

現場シートを新しく作成しました♪


山本建設では無垢材や珪藻土クロスなど

自然素材でつくる住宅に力を入れています。


体にも心にも優しい自然素材で

家族の健康を考えた家に住みませんか?

現在進行中の新築現場の様子

現在進行中の新築現場の様子をご報告いたします。

▼土台の様子

 土台には樹齢1000年クラスの北米産ヒバを使用しています。ヒバには “ ヒノキチオール ” と呼ばれる成分が含まれており、優れた殺菌効果を発揮します。

ヒバ土台
基礎パッキン
アンカーボルト
ベイヒバの断面

 ヒバで建てられた家はシロアリなどの害虫に強い特長がある一方で、人体には全く無害、それどころかリラックス効果まである素材なのです。

構造①
構造②
留め具
構造③

▼土台 ~ 1階構造部分 ~ 2階構造途中 と 上棟式の様子

土台
1階構造部分
2階構造部分
幣串(ヘイグシ)

構造見学会を開催しました

4月15日(土)・16日(日)に構造見学会を実施いたしました。

その様子をご報告いたします。

構造見学会の展示の様子
ピン工法だから木材の欠損部分が少ない
2020年基準の家で快適に暮らす
ピン工法でつくる耐震等級3を獲得した家
構造見学会は、柱や梁がしかっり固定されているのかや断熱の様子など、家が完成してしまうと見えなくなってしまう部分を見ることができます。

「どういう構造で耐震性はどうなのか」「断熱はどうなっているのか」など、家を支える大事な部分をその場で見ることができます。新築をお考えの際は完成した家を見るだけでなく、構造見学会にもぜひ参加して、家の構造がどうなっているのかを確かめてください。

構造見学会でしか見れない家を支える大切な部分
床断熱で下からの冷気を防ぐ
壁にしっかり敷き詰められた断熱材
家族みんなのことを考えた2世帯で快適に住む家

旧吉田茂邸の見学

2009年に火事で焼失した吉田茂元総理の邸宅が再建されて、今年4月に一般公開されたので見に行ってきました!!

ちょうど桜が満開を迎える時期で、中に広がる庭園にはピンク色の花が所々に 
他にもカエデや竹林なども植えてあり、季節を通して楽しめる庭園になっているようです。
庭園だけの散策なら無料で行っているので、気軽に足を運んでみるのも良いかもしれません。

旧吉田茂邸の正面入り口

▲ 正面の入り口

手入れが行き届いた庭園で四季折々の風景を楽しむ

▲ 手入れの行き届いた庭園

庭園におかれたサイの置物

▲ サイの置物

満開の桜

▲ 満開の桜

旧吉田邸への入館料は大人500円、中高生200円です。大磯町の国道1号線沿いにあります。

この邸宅は昭和30年代に近代数奇屋建築で有名な吉田五十八(いそや)さんが設計した新館をメインに再建されています。

旧吉田茂邸の外観

▲ 旧吉田茂邸の外観は丘の上にあり、庭園を眺めることができる。

▲ 食堂から望む庭
来客用の船のお風呂

 ▲ 船型のお風呂

細部にまでこだわりが詰まった書斎

▲ 書斎の窓

ある角度から見ると文字が浮かぶオブジェ

「バカヤロー」の文字が!?

金で装飾された応接間
【金の間】応接間。金の装飾がされている。
花びらのような照明

【銀の間】吉田茂の寝室

カワイイ掘りごたつ

掘りごたつの下の穴がハートに♡

さくらを見に行きました

先日、湘南平と秦野の水梨川沿いの桜を見に行きました♪ 

あいにくの雨でしたが、ピンク色に咲きほこる桜はキレイでした

雨の中の桜
雨の中でも鮮やかに咲く桜
秦野の桜並木
春しか見れない桜の道

新築住宅の経過報告

現在進行中の新築住宅についてご報告をいたします

【 基礎工事 】

地盤改良で地震に強い地盤に!

▲地盤改良

セメント系固化材を土と混ぜてより強い地盤をつくる。

砕石地業

▲ 砕石地業

砕石を敷き並べてランマ―という機械で締め固める。

防湿シートで地面からの湿気を防ぐ

▲ 防湿シート

地面からあがる湿気を防ぐ。

基礎の配筋工事

▲鉄筋配筋

壁ができる部分は鉄筋を立ち上がらせてあります。

底盤部分のコンクリート打設と型枠

▲コンクリート打設(底盤)

立上り部分のコンクリート打設

▲コンクリート打設(立上り)

【 木工事 】

土台と基礎の間にパッキンを敷いて換気する

▲ 基礎パッキン

床下と外部の換気のため、土台と基礎の間に基礎パッキンを敷いていきます。

使用する金物工法の木材

▲ 使用木材

今回施工する住宅は金物ピン工法で建てるため木材に金物が付いています。

土台の様子

▲ 土台

防腐・防蟻処理を施した土台を基礎に敷いていきます。

【 躯体工事 】

家の骨組み

▲この時点では骨組みと屋根だけです。

パネルを貼り付けた状態

▲合板を貼ると家の形が見えてきました!

2020年基準の家

▲ 中の様子

と、現段階ではここまで進んでおります。完成が待ち遠しいですね♪

4月15日・16日には構造見学会を予定しておりますので、ご興味のある方は是非ご参加ください。

第17回 夜桜ライトアップ のお知らせ

第17回二宮町夜桜ライトアップのお知らせ

二宮建設工業会主催!毎年恒例 さくら祭り の時期がやってきました!!

二宮町の一色葛川沿いにて『 夜桜ライトアップ 』を開催いたします。

開催日時:平成29年3月31日( 金 )~4月2日( 日 )午後6時~9時まで ※2日は8時半まで 

屋台などもあります♪ 暖かい恰好でお越しください。

ご来場お待ちしております♪



バックナンバー

2017年 / 2016年 / 2015年 / 2014年 / 2013年 / 2012年 / 2011年 / 2010年

プロフィール

会社名有限会社 山本建設
代表山本秀樹
設立平成13年1月29日
建設業
の許可
神奈川県知事許可(般-29)
第66282号
事務所
登録
有限会社 山本建設
二級建築士事務所
神奈川県知事登録 第8889号

営業エリア

㈲山本建設の営業エリア

湘南( 藤沢・茅ヶ崎・平塚・大磯・二宮 )・小田原・中井・秦野・伊勢原・厚木・海老名・大和・松田・開成・南足柄

※他エリアもご相談致します。

最長60年の住宅保証
夢ハウスビジネスパートナー
ベターライフリビング
パナソニックの住まいパートナーズ
LIXIL ウェブサイトへ
LIXILリフォームネットサイトへ
いい家ネット
地盤.jp
湘南ベルマーレ

私たちは湘南ベルマーレを応援しています。

お客様の住まいに笑顔の空間を