耐震工事

耐震工事で地震に備える

「地震」はいつ来るかわからないし、もし、家が倒れて被害に遭ったら・・・と考えると不安ですよね。

あなたのお家は、地震に対する十分な強度を持っていますか?

山本建設は、耐震診断や耐震リフォームを行っています。

昭和55年以前の建物や老朽化している建物など、新築は考えていないくても、耐震リフォームで安全・安心を手に入れましょう。

平成12年6月の建築基準法の改正で、『木造の継ぎ手及び仕口の構造方法』(木材の接合方法)について具体的に定められ、

柱と土台(基礎)の接合が重要とされています。

専用の固定金具や制震金具などで補強します。

地震が起きた時、一番守らなければならないのは い・の・ち です。

耐震補強することで、逃げるまでの時間を確保しておきましょう。

家具の固定も重要です。

部屋の家具の配置、寝ている所の場所の確認、出入り口をふさがないか

もポイントです。

地震の備えは万全ですか?

家山本建設は耐震相談・耐震診断・耐震補強工事・家具固定工事

バリアフリー工事・リフォーム全般・そのノウハウを活かした新築工事

をお手伝いします

こんな家は耐震工事をおすすめします

  • 昭和56年(1981年)以前の建物 (特に昭和45年(1970年)以前)
  • 老朽化が著しい建物
  • 平面の形状が不整形な建物
  • 壁、窓の配置が偏っている建物
  • ピロティ形式の建物
  • 大きな吹き抜けのある建物
  • 混合構造の建物(例:下部SRC造、上部RC造) 

昭和56年以前に建築された住宅が危険と言われるのは??

宮城県沖地震(昭和53年) の被害状況を受けて、昭和56年に建築基準法施工令が改訂され、耐力壁の量が大幅に見直されました。

その後、兵庫県南部地震(阪神大震災平成7年)を経て、平成12年に再度建築基準法が改訂され、基礎構造・接合部の使用・耐力壁のバランスについて明文化されました。

耐震診断

地震被害、あなたのお住まいは大丈夫?耐震リフォームで強い家に生まれ変わらせましょう!!

建物ごとに耐震補強の必要な個所、工法が違ってきます。

まずは、設計・施工業者がお宅を調査し、図面に起こして耐震診断を行います。

耐震診断は、『耐震診断Pro』という専用のプログラムソフトを使い、データーを入力して行います。

補強すべき場所が赤で表示されるので、その部分を補強します。


 例 

1階

2階

耐震リフォーム

地震災害、あなたのお住まいは大丈夫?耐震リフォームで強い家に生まれ変わらせます!!

地震はいつ起こるか予定が分かるものではありません。だからこそ安全なお住まいづくりが

安心した日々の生活に必要と考えます。

耐震リフォームを施して安心できる快適な生活にしませんか?

平成12年度の新建築基準法以前に建てられた家屋は、土台のホゾ穴に柱をさして建てられています。柱は差されただけで固定されていないので、地震の揺れにより土台からすっぽり抜けてしまいました。

阪神・淡路大震災で倒壊した木造住宅のほとんどが、この「ホゾ抜け」が原因。

今の基準で建て替えをすれば、問題はなくなりますが、予算がたらーっ(汗)・・・・・という方に、お勧めするのが耐震リフォームです。

後付けのホールダウン金物[ヘラクレス] という外壁を壊さずに、そのまま、外壁越しに土台と柱に穴をあけてボルトを通し、それぞれをしっかりと接合させるものがあります。これを、1階部分の平均的な4隅を最低条件として設置します。

また、地震の揺れに対して耐力壁補強や基礎補強を施す。

また、弱い部分を補強するために支える柱を追加し、固定金具や耐震金具等を使用して強度を増していきます。

プロフィール

会社名有限会社 山本建設
代表山本秀樹
設立平成13年1月29日
建設業
の許可
神奈川県知事許可(般-29)
第66282号
事務所
登録
有限会社 山本建設
二級建築士事務所
神奈川県知事登録 第8889号

営業エリア

㈲山本建設の営業エリア

湘南( 藤沢・茅ヶ崎・平塚・大磯・二宮 )・小田原・中井・秦野・伊勢原・厚木・海老名・大和・松田・開成・南足柄

※他エリアもご相談致します。

最長60年の住宅保証
夢ハウスビジネスパートナー
ベターライフリビング
パナソニックの住まいパートナーズ
LIXIL ウェブサイトへ
LIXILリフォームネットサイトへ
いい家ネット
地盤.jp
湘南ベルマーレ

私たちは湘南ベルマーレを応援しています。

お客様の住まいに笑顔の空間を