住宅ストック循環支援事業 ~エコリフォームに対する支援~

持ち家の 省エネ性能を向上させるリフォーム(エコリフォーム)に対して補助金がもらえます。

 対象工事期間  平成28年11月1日 ~ 平成29年12月31日 (予定) ※予算額に達した場合は期間前でも補助金交付は終了となります。

 補助金交付申請期間  平成29年1月18日 ~ 遅くとも平成29年6月30日 (予定)

リフォーム工事対象要件

①自ら居住する住宅について、施工者に工事発注して、エコリフォームを実施すること。

②エコリフォーム後の住宅が耐震性を有すること。

③事業者登録した日以降に、工事請負契約を締結すること。

④建築確認日が昭和56年5月31日以降で、新耐震基準にて耐震性を有することが確認できない場合は住宅のエコリフォームの際に耐震改修が必要となります。

対象となるエコリフォームと補助額

①開口部の断熱リフォーム

補助金額合計が 5万円以上 が条件 ※事務局に登録された製品のみが対象


ガラス交換

既存のガラスを複層ガラス等に交換する。

3,000 ~ 8,000円

内窓設置

今ある窓の室内側に樹脂内窓を設置する。

8,000円 ~ 20,000円

外窓交換

古いサッシを枠ごと取外し新しい断熱窓を取付ける。

8,000円 ~ 20,000円

ドア交換

古いドア・引戸を新しいドア・引き戸に交換する。

20,000円 、 25,000円

※窓やドアのサイズによって、補助額が異なります。

②外壁・屋根・天井又は床の断熱リフォーム

外壁の断熱改修

既存の外壁の断熱材を撤去し、敷込断熱等を施工

120,000円(60,000円)

屋根の断熱改修

今ある天井断熱材を撤去し、敷込断熱等を施工

36,000円(18,000円)

天井の断熱改修

今ある天井をそのままに吹込断熱材等を施工

36,000円(18,000円)

床の断熱改修

床下・基礎に敷込断熱等を施工(床には畳床を含む)

60,000円(30,000円)

※補助額の( )内の金額は部分断熱の場合の補助額。

③住宅設備エコリフォーム

5つの内、3種類以上の設備が条件


太陽熱利用システム

24,000円

高断熱浴槽

24,000円

節水型トイレ

24,000円

高効率給湯器

24,000円

節湯水栓

3,000円

※設備の種類に応じた額を補助(各1ヵ所のみ)

一緒にリフォームすれば、もっとお得に!

上記の①~③とあわせてリフォームすれば、さらに補助額が加算されます!!


対象のリフォーム工事

A. バリアフリーリフォーム (手すり設置、段差解消、廊下幅等の拡張)

B. エコ住宅設備の設置 ※ ③と同じエコ住設のうち2種類以下の設備の設置 

C. 木造住宅の劣化対策工事 ※リフォーム瑕疵保険に加入するものに限る

D. 耐震改修 (1戸あたり150,000円 )

E. リフォーム瑕疵保険への加入 (1契約あたり11,000円 )


【  補助額  】 実施したエコリフォームの工事内容に応じた補助額の合計額

【 補助限度額 】 30万円/戸 ( 耐震改修を行う場合 45万/戸 )

 ◎詳しくはコチラのサイトをご覧ください → 住宅ストック循環支援事業補助金



長期優良化住宅リフォーム(補助金も受けられる)

長期優良化住宅リフォームとは、今の住まいの性能を向上させ、長持ちさせるためのリフォームです。そのために、事前に国から採択されている事業者が工事をする家なら、国から最大100万円の補助金を受けられます。

安心してください。山本建設は、国交省に採択されています。

STEP1

インスペクション(建物検査)リフォーム前の住宅の劣化状況の調査。
― 既存住宅減容検査技術者に登録の有資格者(建築士、建築施工管理技士)が検査します。

  1. 基礎
  2. 外壁・軒裏(構造・雨水)
  3. 屋根(雨水)
  4. バルコニー(構造・雨水)
  5. 天井・小屋裏・梁(構造・雨水)
  6. 内壁・柱(構造・雨水)
  7. 床(構造)
  8. 土台・床組み(構造)
  9. 基礎・内部(構造)
  10. 設備配管(給水・給湯管・排水管・換気ダクト)

  ■オプション検査

STEP2

長期優良住宅化リフォーム工事

  1. 特定性能工事
  2. その他の性能向上工事

但し、着工時期が昭和56年6月以降の建物はほかのリフォーム工事をする前に耐震補強工事をする必要があります。

STEP3

リフォーム履歴の作成と維持保全計画の作成

  1. リフォーム履歴・・・住宅の平面図とリフォーム箇所・工事内容が確認できるもの。
  2. 維持保全計画・・・構造・外壁・設備などについて、インスペクションの結果、点検項目、更新・取替え時期などを記載。

※注目※ この補助金をもらうには、事前申請:平成29年2月28日(火)までに申請、平成29年12月1日までに完工実績報告書を提出する必要があります。

詳しくは、右のURLをご確認ください。→ http://www.kenken.go.jp/chouki_r/

チラシのPFDはコチラ → 長期優良化住宅リフォーム

3世代同居住宅にチャンス!再び集まって住む時代へ?

三世代同居住宅(二世帯住宅)が注目されています。再び「集まって住む」時代へ。
それは、若者の間で今はやりの ”シェアハウス” に似ている。

三世代同居住宅のメリット

◆住宅建築費を折半できる
◆光熱費を折半できる
◆祖父母による子育て支援
◆女性(育児中の母親)の活躍 (共稼ぎ)
◆孫の存在による祖父母の活性化
◆看病・介護の安心感

国策による補助金・減税の充実

 国交省  地域型住宅グリーン化事業
 経産省  住宅省エネリノベーション促進事業

すまい給付金

国土交通省より、消費税率引上げに伴う住宅に関する経過措置として、住まい給付金の制度があります。
すまい給付金は、消費税率引上げによる住宅取得者の負担をかなりの程度緩和するために創設した制度です。消費税率8%時は収入額の目安が510万円以下の方を対象に最大30万円給付するものです。

詳しくは、こちらをご覧ください → 国土交通省 すまい給付金ページ

プロフィール

会社名有限会社 山本建設
代表山本秀樹
設立平成13年1月29日
許可神奈川県知事許可
(般-29)第66282号

営業エリア

山本建設の営業エリア

湘南( 藤沢・茅ヶ崎・平塚・大磯・二宮 )・小田原・中井・秦野・伊勢原・厚木・海老名・大和・松田・開成・南足柄

※他エリアもご相談致します。

60年保証
夢ハウスビジネスパートナー
ベターライフリビング